×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

FXブロードネット


>> 取引手数料無料!業界最高水準スプレッド(USD/JPY 0.5銭〜)!レバレッジ〜400倍! <<
>> もれなく5,000円キャッシュバック中! 【FXブロードネット】 口座開設はコチラから <<

低水準スプレッド&手数料無料!

FXブロードネットの最大の魅力といえば、やはり何といっても業界の中でも最高水準の極小スプレッドといっていいでしょう。多くのFX会社のスプレッドを見てみると、平均すると4銭というところが一般的であり、中には手数料がかかるところもあります。

それに比べてFXブロードネットは、手数料はかからずにUSD/JPY 0.5銭〜となっており、更にEUR/USDでは0.5pip〜をマーク、そしてEUR/JPY 0.9銭〜といった見事なまでの数値を出しています。あくまで今紹介したのは、アメリカ・ドル、ユーロの例であり、その他通貨ペアも同様の業界最高水準のスプレッドとなっているのが大きな特徴です。

やはり決め手となるのは、スプレッドという方が多い中でこれほどまでの水準での提供というものは、今の現状を考えると信じられないものです。更に上手な運用をしていけば、実質的な取引コストを必然的に最小限にすることも可能となりますし、それだけ効率が上がるということになります。今までは仕方がないと諦めていたそういったコストを抑えることができるのも、FXブロードネットだからできることだと思います。

それに加えてFXブロードネットは、ワイドレバレッジ1〜400倍という充実した内容と、1000通貨からも取引可能とメリットがたくさん見られます。もちろんこれらにも一切手数料がかからないので、更に効率的な運用ができるといっていいでしょう。とにかくコスト面においては、納得しざるを得ない内容となっているのです。

  091028〜 468×60imp
  リアルタイムの「業界最高水準」のスプレッドを見てみる >>

モバイルトレードでいつでも取引!

かなりFXブロードネットが使いやすいと評判になっている理由には、モバイルトレードが可能という背景があります。今までは主にパソコンのみを主体にしてきた流れがありましたが、現在では携帯電話の普及も手伝って、モバイルサイトからも運用が可能になったのです。更にFXブロードネットはホームページを一新したことによって、以前よりもわかりやすく、使いやすい工夫がなされました。それと同時に多数のコンテンツが加わったことにより、利用者の満足度というものも日を負う毎に増えていっているようです。

このモバイルトレードにおける機能はどういった内容になっているかというと、常に変化するレートのチェックは問題なく設置されています。そして運用にはかかせないFXにおける最新ニュースなども常に流れており、予想できる環境というものを充実さています。それからFXでは必須となるチャートもモバイルから観覧可能となっており、 機会を逃すといった心配もありません。常に携帯電話というものは誰でも持ち合わせているものですから、重要な流れを時間が空いた際にしっかりとチェックすることができるのです。

またモバイルトレードでは、携帯ならではの利便性というものが生かされており、簡単に注文が可能になっています。その代表的なものとしては、クイック入金をはじめとして、入出金サービスが挙がります。どんなときであっても、すかさずに市況に対応することが可能となったのです。

  >>> モバイルトレードについてもっと詳しく見てみる

どこまでも安心な信託保全

ここまで説明すれば、FXブロードネットが素晴らしいFX会社だ!と誰もが思ったことでしょう。しかしながら、本当に安全で信頼できるのかどうか?といった疑問を持っている方も少なくはないことだと思います。そこでFXブロードネットでは、安心の信託保全というものを設けています。

この内容としては、金融商品取引法に基づいたものであり、FXブロードネットが取扱う利用者の資産については、しっかりと徹底されています。つまり、利用者の資産というものは分別管理され、会社における資産とは完全に分けられるのです。またこれが義務となっています。

また安心が見える背景としては、利用者の資産はすべて区分管理されると、三井住友銀行の信託口座に金銭信託という形になるのです。これがどういった意味を持つのかといえば、その信託された資産は、安全に守られているということを表しています。例えばの話ですが、もし倒産などをしてしまった場合であっても、先ほどの三井住友銀行の信託口座から資産返還が確実に行われるようになっているのです。

またもう一つのケースとして、受託銀行が破綻した際も安心できる内容となっているのです。こちらの場合は信託法により資産が守られており、信託銀行から切り離しが行われます。それによって、信託財産として保全されるという流れになっているのです。つまり、大切な資産においては何一つ心配することなく、運用に専念できるというわけなのです。

>> 【FXブロードネット】 公式サイトへ行く <<
 http://www.fxtsys.com/